トピックス会員紹介演奏家情報年間行事会員募集リンク
会員紹介

声楽部門
ピアノ /  管弦打楽器 / 作曲 / 古楽器 / 民族楽器 

伊藤 正紀(バリトン)
 
   
学生時代よりドイツリートなどを独学。
1974年から1998年まで岡山合唱団に所属。
清水義雄、中尾富子諸氏のアドバイスを受ける。
現在小野光子氏に師事。
1998年「カンタービレ'98声楽の夕べ」、1999年「兵庫のうたごえ祭典」 「関鑑子生誕100年記念・現代声楽教育研究会演奏会」、2000年「ジョイントリサイタル」2001年「神戸革新想春のつどい」出演。
岡山では合唱団、オーケストラ等との共演などソロ活動を展開している。
神戸市役所センター合唱団ヴォイストレーナー、声楽集団「カンタービレ」同人。岡山県演奏家協会会員。
日本・ロシア音楽家協会会員。






乙倉 寧子(ソプラノ)
 
   
作陽音楽大学音楽学部音楽学科声楽専攻卒業。
岡山県演奏家協会主催のスプリング、オータム、クリスマスチャリティーコンサート、ヴァレンタインコンサート、また、ルネスミュージックカフェ、トロヴァトーリ岡山のコンサート等に出演。
合唱指導では、岡山県ヴォーカルアンサンブルコンテストにおいてジュニアの部金賞受賞、NHK全国学校音楽コンクール小学校の部岡山県大会では過去何度も金賞を受賞し中国大会へ、全国童謡歌唱コンクールではこども部門において中国四国ブロック大会で金賞を受賞し全国大会へ進ませるなど、児童合唱指導に力を入れている。
これまでに白石由美子、阿部靖子、揃敏幸の諸氏に師事。
現在、岡山市立財田小学校講師、K♪くすのきコーラス指導者、岡山県演奏家協会会員、未来オペラ集団トロヴァトーリ岡山会員。




佐々木 英代(ソプラノ・合唱指揮)
 
   
国立音楽大学声楽科卒業。
声楽を佐藤陽三、(故)四谷文子、岡部多喜子、発声法を(故)木下武久、指揮法を近藤安个、小泉ひろしの諸氏に師事。特に日本歌曲を得意とし、1976年より近代日本音楽研究会を主催し、日本歌曲連続演奏会「日本しらべ」、「コンサート・アミカ」を開催。
リサイタルを催す一方、中国ニ期会の主要メンバーとして、オペラ公演にて主役を演じるなど、宗教曲、オラトリオ等もソリストとして数多く演奏している。
1992年と1993年には、作曲家(故)中田喜直氏と共に「中田喜直の世界」を岡山及び北海道帯広にて催し、1995年に演奏活動30周年リサイタルを、2004年に 「'04おかやま音楽祭」にて「中田喜直の世界inおかやま」を催した。国立音楽大学在学中より合唱の指揮に携わり、ヴォイストレーナーとして、岡山混声合唱団を指導。
その他、ノートルダム清心女子大学グリーンクラブを30年間、「岡山大学グリークラブ」「岡山理科大学クリスタルコール」等若い芽の指導にも意欲を燃やしている。
指揮者として「いかさ第九をうたう会」を指揮している。また女声合唱団「岡山なでしこ」を結成以来33年間指導し、全国大会にて3度「ひまわり賞」を受賞。1997年より始まった岡山シンフォニーホール主催の「心の歌・日本の歌」シリーズでは音楽監督及び合唱指揮を行っている。
特に、300人合唱で知られる岡山女声合唱団「華」はウィーン(1999年)・上海(2002年)・シチリア(イタリア2004年)・富川(韓国・2004年)・サンフランシスコ(2005年)・サンノーゼ(2005年)等の海外公演においても大好評を博している。後進の育成にも大いに力を注ぎ、「岡山から世界へ "若き芸術家たちの競演"」をプロデュースし、門下より地元岡山に声楽科、合唱指導者を数多く輩出している。
2000年、第1回岡山芸術祭文化賞準グランプリを受賞。
近代日本音楽研究会主宰、岡山県演奏家協会会長、「岡山から世界へ」実行委員、岡山芸術祭実行委員長、おかやま国際音楽祭実行委員長を歴任し、現在、岡山小学校音楽研究会・合唱研究会指導講師、「コール梅操」、「岡山なでしこ」、岡山女声合唱団「華」の各合唱団指揮者、「若き芸術家たちの競演」プロデュース。



片山 恵理(ソプラノ)
 
   
くらしき作陽大学音楽学部音楽学科声楽専修卒業。
2004年よりおかやま音楽祭「コンサート電車」に出演。また、同音楽祭の街角コンサート「大好きクラシック」をプロデュース。2005年、北カルフォルニア桜祭りに参加、またサンノゼの高齢者福祉団体「友愛会」にてソリストとして出演。おもに所属団体主催のコンサートを中心に数多く出演。
これまでに佐々木英代、遠藤昌秀、揃敏幸の諸氏に師事。
現在、朝日塾小学校教諭。岡山女声合唱団「華」ヴォイストレーナー兼団長。倉敷シティーオペラ研究生。
近代日本音楽研究会会員。岡山県演奏家協会会員。





奧田 昌世(ソプラノ)
 
   

岡山県倉敷市出身。

山陽女子高等学校音楽科卒業。東京藝術大学声楽科卒業。同大学院修士課程独唱科首席修了。

山陽学生音楽コンクール、第31回・第32回(中学の部)、第34回(高校の部)第1位。第54回全日本学生音楽コンクール高校の部大阪大会 第1位。第1回高校生のための歌曲コンクール優秀賞受賞、副賞としてイタリアへ短期留学。大学卒業時、同声会賞受賞、新人演奏会出演。第38回岡山県新人演奏会出演。大学院修了時、武藤舞奨学金を得て、ウィーンにて研修。第21回友愛ドイツリートコンクール第3位。

岡山混声合唱団創立65周年記念演奏会、第29回《台東第九》及び《三越第九》、岡山第九演奏会2015ソリスト出演。
奏楽堂モーニング・コンサート、うたシリーズ、おかやま国際音楽祭、岡山市芸術祭など多数のコンサートに出演。藝大フィルハーモニア、倉敷管弦楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団などと共演。

これまでに声楽を、矢部禮子、嶺貞子、佐々木典子、ウルリケ・スィヒの各氏に師事。

岡山県演奏家協会会員。




錦織 美香
 
   

岡山県立岡山城東高校音楽卒業。
島根大学教育学部生涯学習課程音楽芸術コース卒業。
長尾節子、故吉田功、野崎幹子の諸氏に師事。第38回岡山県新人演奏会出演。第14回ANPベストプレイヤーズコンクールにおいて審査員賞を受賞。同コンクール入賞者演奏会に出演。「ラ・ボエーム」プレコンサート出演。出雲神在月第1回市民芸術文化の祭典『オペラへのお誘い』で「フィガロの結婚」(ハイライト)のスザンナ役、出雲の春音楽祭2010出雲オペラ「椿姫」(全幕)でアンニーナのアンダースタディをつとめた。美星町で「星空コンサート」を開催するなど、県内外で活動している。
2011年3月、イタリア・ボローニャにて演奏会に出演。
現在、出雲楽友協会音楽家会員。岡山県演奏家協会会員。




木村 善明
 
   

岡山県倉敷市玉島出身。
岡山県立岡山城東高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
東京藝術大学院修士課程オペラ科修了。
2007年に渡独。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学付属オペラ研修所で研鑽を積み、ベルギー王立ブリュッセル音楽院国際歌曲マスタークラス卒業。フランス・トューロン音楽院ソリストコースを1等賞及び最高賞を得て首席で卒業。ベルギー・ロブス財団及び野村国際文化財団の奨学生としてベルギー・フランダース歌劇場オペラスタジオにて、オペラ公演、ベルギー各地でのコンサートに出演、最優秀の成績で修了。五島記念文化財団の奨学生として、ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学大学院を最優秀の成績で修了。
現在、ドイツ在住。ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学大学院ドイツ国家演奏家資格コース在籍中。
2011年10月にはドイツの若手オペラ歌手の登竜門である2年に1度開催されるバンベルク夏のフェスティバルのオーディションで、オペラ『フィガロ結婚』の主役フィガロ役として380人の中から抜擢されヨーロッパデビューを果たす。
2012年、Opera Avantiのフェスティバルにおいてベルギー・ブリュッセルにてオペラ『フィガロの結婚』主役フィガロ役で各メディアに取り上げられ大好評を得る。
2014年、ドイツ・マンハイム歌劇場にてオペラ『フィガロの結婚』主役フィガロ役での出演が決まっている。オペラでは、東京藝術大学オペラ定期第52回『セビリアの理髪師』バルトロ役でオペラデビュー。『フィガロの結婚』タイトルロール、『魔笛』パパゲーノ、『コシ・ファン・トュッテ』グリエルモ、『シモン・ボッカネグラ』パオロ、『カルメン』エスカミーリョ、ワーグナーのオペラ『パルシファル』にてクリングゾール、『カヴァレリア・ルスティカーナ』アルフィオ、『蝶々夫人』シャープレス役、『ラ・ボエーム』マルチェッロ役にて出演。
第19回日本声楽コンクール入賞。
第28回ハンスガボア・ベルヴェデーレ国際オペラコンクール日本代表。
第1回日本歌曲コンクール優勝。
第11回さくらぴあ新人コンクール優勝し、さくらぴあ大賞受賞。
第8回J.S.G.日本シューベルト国際歌曲コンクール入賞。
近年では、スペイン・バルセロナで開かれた第21回JOSEPMIRABENT I MAGRANS国際声楽コンクールファイナリスト。
第24回友愛ドイツ歌曲コンクール優勝及び、文部科学大臣賞、聴衆者賞のトリプル受賞。
第24回五島記念文化賞オペラ新人大賞。
第14回岡山芸術文化賞グランプリ。
第14回福武文化奨励賞。




畑山 香(ソプラノ)
 
   

岡山県出身、小学3年生より岡山少年少女合唱団入団、
私立山陽女子高等学校音楽科卒、国立音楽大学声楽科卒、二期会オペラスタジオマスタークラス終了、東京KUNITACHIオペラアンサンブル結成時よりメンバーとなり、定期公演「あまんじゃくとうりこひめ」「魔笛」「フィガロの結婚」「アマールと夜の訪問者」出演、他。
旧建設省主催砂防広報「日本の叙情歌コンサート」企画出演、日本各地で公演。1998年よりイタリア留学、ローマにて「ライオンズクラブサロンコンサート」レッチェにて地元歌手とのコンサート。パルマにて歌劇「ドン・ジョバンニ」ツェルリーナ役で出演、好評を得る。帰国後、結婚出産を経てコーラスサークル「U-mammy’s(ユーマミーズ)」を結成し、デイケア訪問コーラスボランティア活動を継続中。
現在、岡山県下で演奏活動、おかやま音楽祭「ルネスカフェ」、「街角コンサート」」「2013年岡山県演奏家協会企画コンサート」出演、山陽学生音楽コンクール優勝、日本クラシック音楽コンクール好演賞。
声楽を矢部禮子、佐藤由子、Maurizio Colacicchi, Michela Sburlati ,柾木和敬、慶児道代各氏に師事。
岡山県演奏家協会会員。













高橋 初花(ソプラノ)
 
   

私立山陽女子高等学校普通科卒業
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
日本オペラ振興会オペラ歌手育成部31期修了
劇団ひまわり第48期研究科修了
文化庁委託人材育成オペラ「魔笛」童子T 川崎 ・しんゆり芸術祭2014/藤原歌劇団「魔笛」童子Uその他、童子V「トスカ」「サンドリヨン」「聖母マリアの月」「フィガロの結婚」「ジャンニスキッキ」「蝶々夫人」 「コジファントゥッテ」各種コンサート等に出演
藤原歌劇団合唱部のメンバーとして公演に出演
府中シティミュージックソサエティ公演には数回演奏者として出演する傍ら、オペラ演出助手として携わる
第39回山陽学生音楽コンクール 声楽部門 高等学校の部 第2位
(公財)新潟市芸術文化振興財団主催、りゅーとぴあコンサートホール「日本新人オペラ歌手デビューコンサート」観客投票にて2位入選
藤原歌劇団準団員
岡山県演奏家協会会員。




柴田 久美子(ソプラノ)
 
   

NHK・FMコンサート、広島アステールプラザ第10回オペラ ガラコンサートにおいて広島交響楽団と共演。「全国二期会 サミットコンサート」 I ・ III(東京)、「いかさ第九の会」第 6〜10 回ソプラノソロ、リサイタル、ジョイントリサイタルを5回開催。

オペラでは、くらしき作陽大学オペラマスタークラスにお いて「フィガロの結婚」「マノン・レスコー」「魔弾の射手」「ドン・ カルロ」、中国二期会の公演では「こうもり」「ワカヒメ」「英雄た ちのクライマックス」「カルメン」「ヘンゼとグレーテル」等多数出演。平成21年度文化庁芸術団体人材育成事業「畑中 良輔日本歌曲マスタークラス」オーディション合格・受講。第11回全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会第2位、第9回榛名「日本の歌」スプリングセミナーにおいて奨励賞。
現在、中国二期会会員・理事。
岡山県演奏家協会会員。

 




桑原 直美(ソプラノ)
 
   
国立音楽大学声楽学科卒業。
東京二期会オペラスタジオ第32期修了。修了時「新進声楽家の夕べ」に選出される。
東京において2度のジョイントリサイタル。オペラ「魔笛」を経て帰岡。  
「メサイア」「グローリア」「美しきエレン」のソプラノソリストを務める。  
オペラでは「ワカヒメ」「四人の頑固者」「笠地蔵」「英雄たちのクライマックス」 「アマールと3人の王様」「泣いた赤鬼」「こうもり」「目黒のさんま」「宿屋の  仇討ち」など多数出演。

 現在済生会カルチャーセンターにおいて「楽しいピアノ」「一から始める発声」「ミュージカルソングを歌おう」の3講座講師。朝日塾中等教育学校非常勤講師、岡山演奏家協会会員。オペラ劇団トロヴァトーリ会員。

これまでに声楽を、佐々木英代、井上敦子、菅家美穂子、加納純子、依田喜美子、坂元陽子の諸氏に師事。






   栗木 深香(ソプラノ) 

 
 


作陽音楽大学、同大学オペラマイスタークラス修了。
白石由美子、阿部晴子、揃敏幸、睦子バルディ諸氏に 師事。

「フィガロの結婚」「魔笛」「ドンカルロ」「マリツア伯爵夫人」等、オペラ、オペレッタに出演する他、宗教曲のソリスト、学校公演等各種演奏会に出演。’
07年 にリサイタル、'09年に韓国 ソウルでジョイントリサイタル開催。
 現在、ヴォーカルアンサンブル津山、オペラ劇団トロヴァトーリ所属

県立倉敷中央高校、新見公立短期大学非常勤講師。 早島少年少女合唱団、合唱団「玄」指導者。

中国二期会会員。岡山県演奏家協会会員。




    
 河口 愛幸(かわぐち めぐみ)ソプラノ

 
 
倉敷出身
国際的に活躍の場を持ち、多くのファンを魅了する容姿端麗な美声のソプラノ。
国立音楽大学声楽学科で学び愛をテーマに演奏活動開始。
2010年 国際芸術協会演奏家オーディション合格。
同年 第45回TIAA全日本クラシック音楽コンクールにて奨励賞受賞。
同年 渡欧 東欧屈指のブルガリア国立ソフィアフィルハーモニー管弦楽団と共演しディプロマを授与され帰国。
2011年 渡欧 第10回ソフィア・ミュージック・ウィークス国際音楽祭「ニューイヤー・ガラ・コンサート」で好評を博す。
現在 岡山県演奏家協会会員
     日本イタリア協会会員
   国際芸術連盟会員






 秋山和哉 (テノール)

 
 
岡山県出身。
国立音楽大学卒業、及び同大学大学院オペラ科を首席卒業。
二期会オペラ研修所マスタークラス修了。修了時に優秀賞、奨励賞を受賞。声楽を藤原かすみ、福井敬の各氏に師事。また、嶺貞子氏、William Matteuzzi氏の公開レッスンを受講。
国立音楽大学第95回ソロ・室内楽定期演奏会、卒業時に選抜者によるコース修了演奏会、卒業演奏会、大学院新人演奏会に出演。また、第86回読売新人演奏会、第49回岡山新人演奏会に出演。これまでに「コジ・ファン・トゥッテ」フェルランド役、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ役、「魔笛」武士I役、「愛の妙薬」ネモリーノ役「カルメン」ドン・ホセ役、「こうもり」アイゼンシュタイン役、「秘密の結婚」パオリーノ役、「メリーウィドウ」カミーユ役、国立音楽大学音楽研究所オペラプロジェクト「フィレンツェの麦わら帽子」衛兵役等でオペラに出演の他、ベートーヴェン「第九」のテノールソリストを務める。2018年5月、京都国際音楽学生フェスティバルに推薦され、「カルメン」ドン・ホセ役でシベリウス音楽院の学生と共演する。
二期会会員。









前のページに戻る

岡山県演奏家協会コピーライト